土木事業

土木事業は、いわゆる「次世代へ資産をつなぐ」仕事です。区画整理や河川整備、上下水道の整備など「新しい街をつくる」土地区画整理事業をはじめ、一般土木と呼ばれる道路の新設や改良、公園、橋梁、のり面など、安全で暮らしやすい街の基礎を作っています。
一見、地味にも見える部分ですが、みなさまの生活を底で支える重要な仕事です。環境との共生を常に意識しながら、新しい技術も積極的に取り入れ、自然がとりまく日本の風土にあった土木事業を展開していきます。

Message from 土木事業部

道路の新設・舗装、橋梁下部の建設など、これまでに成島建設が手がけた土木事業は広範囲にわたります。
土木事業は、地域に住む皆様をはじめとする多くの人々の暮らしに、大きく関わる仕事です。
そのため、土木事業にはトータルな技術力と、仕事に対する真摯な取り組みが求められています。成島建設では、建造物の「長久性」を重視し、より「耐久性」の高い建造物を目指して技術を磨いております。また近年での重要課題としては、環境保全への取り組みがあります。土木工事は、地域や地球の将来にまで影響を及ぼすスケールの大きな事業です。10年先、100年先に緑豊かな「地域の宝」の街となるか、魅力のすくない「負債」の街となるかは、私たちの施工にかかっていると考えても過言ではないのです。成島建設は、未来の子どもたちに「宝」を残すべく、これからも地球環境と人の暮らしを大切に考えながら、未来を見据えた環境づくりに取り組んでいきます。